百尺観音 (2000/2/7)

- Category - エッセイ

百尺観音って聞いたことありますか?

おそらくご存知ないと思うんですが、福島県の相馬市という所に
あるんです。私も、行ったのは一度きり。
その後どうなっているのかも知らないのですが・・・。

私がそこに初めて行ったのは、ちょうどヘヴィメタのバンドに
没頭し始めた頃でした。
コンテストなどで優賞などするものの、いまいち思うようにいかず、
悩んでいた時、バンドでパーティの仕事をした時に知り合った、
設計会社の社長さんが、「それなら、いい物を見せてあげましょう」
と連れて行ってくれたのが、仙台から車で小1時間の相馬という所でした。

行きの車の中、私の友人としてずいぶん悩みを聞いてくれながら、
こんな話をしてくれたのです。

相馬という所に一人の彫刻師がいて、お寺の仏像やら観音様など彫っていた。
ある時彼は、このまま一生を終わっていいのだろうか。
小さな作品もいいが、一生かけて大きな作品を作りたいと思い、
ぱったりと神社やお寺からの仕事を辞め、
崖を切り崩して、大きな観音様を作り始めた。
彼の生活を支えたのは奥さんで、働きに行って食べる分だけ稼いで
・・・と、苦しい生活だった。
そして、完成途中で彼は死に、その息子が後を継いだ。
その息子もこの世にはいなくて、その観音様は百尺で止まったままになっている。

二代にわたっても完成しなかったという、百尺観音。
「音楽を始めて、何年です?」
「バンドを始めて三年ぐらいです。」
私は、小さな声で言いました。
「ある有名な絵描きは、95歳で亡くなる時、後2年あったら
自分の芸術は完成していたのに・・・と言って亡くなったそうです。
まだまだじゃないですか。百尺観音は、もっと年月をかけても
完成せず、そのままになっているんです。」
なんだか、情けなくなって泣きそうでした。

初めて見る百尺観音は、京都などで見る仏像や観音様と違って、
華やかさはなく、仰々しく奉られてもいませんでした。
ただ小さな立て札に説明文があり、賽銭箱がこじんまりと
備え付けられていました。
それでも、なんとも言えない優しい表情は、今も心に残っています。

それから、何か焦ったり、小さな事で悩んだりすると
あの観音様のことを思い出します。
いつかもう一度、あの場所へ行くことがあったら、
たくさんお礼を言いたいと、思っています。

100syaku